栃木県荒川偵察

1

1

漁協の方に頼んでいたシーズン券(年券)の受け取りついでに、
漁協の範囲内にある荒川をちょいと様子見してまいりましたのでご報告。

この荒川はキャッチアンドリリース区間が設けてあり魚影はすこぶる濃いらしい。

最初の写真から指も一緒に記念撮影。
この川30数年ぶりに入渓するので手が震えていたような気が…
本来はGW前後がアシも伸びていなくて釣り易く、
特に前記したようにキャッチ&リリース区間は放流もGW前にされてFFを始めたばかりの方にも
50Mもしくは100M間隔で低い堰がありポイントも絞り易くお勧めの川に一つ。
ただしアシが伸びると空間が狭まり、あちこちフライが掛かり易いのでご注意あれ。

3

入渓して直ぐに4尾ほど18~20㎝程の放流したヤマメ。
緩いところは川ムツ?の嵐(水温が上がるに連れこの傾向があるので、ヤマメを釣りたければ速い流れを釣りましょう)。

2
キャッチ&リリース区間を外れると極度にフライへの出が悪くなる。
原因は先行者。川から上がったところが蓮華草の畑、
この蓮華、正式名称はゲンゲ?どちらが正式か忘れたが肥料や除草として田畑で栽培する花。

周りの田圃は田植えが終わっているのでこの蓮華畑は休耕田かな、
肥料ではなく後者の除草ですか。以前は春と言えば東京近郊にもこの花が咲いていたもの。
今では珍しい風景。
その後、上流域も偵察。車の進入禁止の林道を歩き入渓。 ちょっと期待する要因が有ったにも関わらず、水量少なくみごとに期待外れ。
1kmも遡行しないうちに水がチョロチョロになる。
使われていない林道が並走しているので退路は楽だが、ここまで水が少ないと期待が持てない、最上流部はあきらめた。
結局、水がここまで少なくなる前に3尾ほど小さいヤマメが遊んでくれた。

5

さて、今更ながらのお知らせですが…釣り券入れに使用しているのはストリームトレイルのヌードケース。
バッグのD環やベストの背面にぶら下げて使用する。

6

ベルクロテープで2重に折り畳み、水の侵入を防いでくれるので雨や水濡れで日釣り券が破れることはなく重宝している。
サイズはミニもしくはモバイルⅡが使いやすい。

4

午後は本流へ出る。昨年の秋に大水が出た影響で河原が白い。
シルトが大量に流れたしるし。あまり水生昆虫には宜しくないのだが
細や枝などの流れがあるためコカゲロウ、ガガンボなど適度に虫のハッチはあるようだ。
だが、虫は健在でも魚は?どうだろうか。
ハッチはそこそこあるもののライズが無く日没寸前、
瀬の開きをウエットフライで探り、良型グラマラスなヤマメが遊んでくれたけど、どうにも魚の数が少ないんではなかろうか。

帰りは昨年から工事をしていた羽生パーキングに立ち寄り休憩。
鬼平江戸処。ここ「入り鉄砲に出女」栗橋の関所→長谷川平蔵らしい。なるほど…??